難易度が低い資格に挑む

CHALLENGE LOW LEVEL QUALIFICATION

難易度低めのIT・パソコン系資格

IT・パソコン系資格

IT資格「パソコン検定」「MOS」「VBAエキスパート」について

IT・パソコン系資格「パソコン検定(P検)」の資格情報と取得について

パソコン検定、略称P検定の資格情報は、大きく分けて3つの要素があります。1つ目はワープロ、表計算、ブラウザなどをはじめとする「ソフトウェア操作技能」。

2つ目は総合的なコンピューターネットワーク、セキュリティの知識と情報モラルが求められる「ICT知識」。さらに3つ目はICTを活用した問題解決力の「ICTプロフィシエンシー」です。

取得方法は、全国の試験会場となるPASS認定校の中から、最寄の会場を選び、電話やメールで受験級を伝え、受験日時を決めます。当日は、顔写真付き身分証明書を提出し、本人確認を行います。

試験は、アプリケーションにより行われ、試験が終了すると、すぐに合否結果が表示されます。なお、1級、2級については、後日判定となります。

IT・パソコン系資格「MOS」の資格情報と取得について

MOSの資格情報を集めたい場合には、さまざまなコンピュータ関連の書籍やウェブサイトの内容をチェックすることがおすすめです。

特に、社会的に需要の高い資格を取得するためには、長い時間がかかることがありますが、いろいろな立場の人のレビューを参考にすることです。

忙しい毎日を送っている人であっても、常に安心して対応をとることができます。

一般的に、MOSの資格情報の内容について迷っていることがあるときには、信頼度の高いツールを使いこなすことがコツです。

その他、アフターサービスの内容が優れている予備校のカリキュラムの特徴を理解することで、将来的なリスクに備えることが大事なポイントとして位置づけられるようになっています。

IT・パソコン系資格「VBAエキスパート」の資格情報と取得について

日本では、様々な資格を取得して、仕事に役立てている人がすくなくありません。ここ数年で取得者が多いのが、IT系の資格です。IT系の資格のひとつが、VBAエキスパートです。

VBAエキスパートは、Excel、Accessのマクロ・VBAのスキルを客観的に証明する資格です。ベーシックとスタンダードの2つのレベルがあります。

VBAエキスパートは、人気資格のひとつなので、資格情報がネット上でもよく紹介されています。マクロ・VBAは、システム開発や業務の効率化に活用されているので、就職や転職の時にも有利です。

また、会社内でもVBAエキスパートの資格を持っていることで、自分が持つ能力を積極的にアピールすることができます。