難易度が低い資格に挑む

CHALLENGE LOW LEVEL QUALIFICATION

偏差値59~50の資格

偏差値59~50の資格

「社会福祉士」「色彩検定」「基本情報技術者」の資格について

偏差値57「社会福祉士」の資格情報と取得について

社会福祉士の資格情報について簡単に説明します。社会福祉士は福祉系の国家資格で、介護福祉士、精神保健福祉士と並び三福祉士とされていて、ソーシャルワーカーと呼ばれることもあります。

社会福祉法・介護福祉法に基づき、身体的・精神的・経済的な障がいを抱え、日常生活を営むことに困難がある人、またはその家族からの相談を受け、助言や指導、援助を行なう専門職です。

社会福祉士を取得するには、福祉系の大学等で指定科目を履修する、短大等で指定科目を履修して実務1~2年を経験する必要があります。

その他大学等で基礎科目のみ履修している場合には、状況に応じて実務1~2年と養成施設を経なければならず、その他の場合には指定施設で実務を5年以上経験することで受験資格が与えられます。

受験資格が与えられた後、国家試験に合格することで社会福祉士が取得できます。

偏差値54「色彩検定」の資格情報と取得について

色彩検定はデザイン関係の仕事をしている人が取得する資格として人気です。資格情報としては1級から3級まであります。

3級は配色の基本的な考え方から理解することや色の心理的効果や資格効果などを理解していれば取得が可能です。インテリアコーディネーターのかたが手始めにとる資格としても人気です。

一番難しい1級はヨーロッパや日本の色彩文化や測色という環境色彩の知識や安全に関係する環境色彩といったハイレベルの色彩知識が必要となり、建築関係の仕事をしている人で取得を目指す人が増えています。

ほかにも女性に人気でネイリストの方が資格を取得してサロンの独立や新しいネイルデザインの開拓に利用するといった人も増えており、人気が高まっています。

偏差値50「基本情報技術者試験」の資格情報と取得について

基本情報技術者試験は年に2回、春と秋に開催されています。毎年申込みの期日などが異なるので、公式ホームページで最新の資格情報を必ずチェックしておきましょう。

資格取得の難易度はそれほど高くはありません。過去問を解いて難しいと感じる人は、先にITパスポート試験を受けてみると良いでしょう。

テキストと過去問をしっかりと勉強していれば、情報系の学校を出ていない人でも取得できるレベルです。

プログラマーやシステムエンジニアとしての実務経験がある人が、基礎知識が身についているかを確認するための資格という意見もありますが、大学生でも取得している人はたくさんいます。

実務経験がゼロの人でも、しっかりと勉強していれば取得できるので、将来ITエンジニアになりたい学生の人にもおすすめの資格です。