難易度が低い資格に挑む

CHALLENGE LOW LEVEL QUALIFICATION

偏差値49~40の資格

偏差値49~40の資格

「調理師」「美容師」「作業療法士」の資格について

偏差値44「調理師」の資格情報と取得について

調理師の資格を取りたいと思っている人は多いでしょう。調理師の資格情報として、日本独自の国家資格であるということがあります。

コックなどの調理をする職業や、栄養士の仕事、レストランやホテルでの配膳の仕事などにもいかせる資格です。

調理師の資格を取得するためには、調理師養成施設を卒業するか、飲食店や給食施設などで2年以上働いてから調理師試験に合格するという二つのルートがあります。

試験は毎年5月から11月まで、各都道府県で行われていて、7科目60問、四肢択一の問題ばかりなので、難易度はそれほど高くありません。

通信講座などを受けたり、各都道府県主催の講習会に参加するといいでしょう。インターネット上にある過去問も参考になります。

偏差値42「美容師」の資格情報と取得について

美容師は、髪の毛や顔などを専門的な技術で美しくする職業です。美容師の資格情報として、美容専門学校を卒業して美容師免許を取得した後、サロンなどに勤めて技術を身につけます。

また通信教育や夜間など働きながら美容学校に通い、免許を取得することもできます。

美容専門学校は学校によっては中学を卒業した後に入学することができますし、美容高等科という中学卒業後、高校卒業と美容師免許が同時に取得できる学校があります。

偏差値は高くはありませんが、美容学校を卒業して免許を取得し、仕事を続けていくにあたって、接客や美容技術などは簡単ではなく、実際に美容師をして仕事をし続けることができる人は限られています。

免許の取得そのものはそれほど難関ではなく、真面目に取り組めば合格できます。

偏差値41「作業療法士」の資格情報と取得について

作業療法士の資格を取得するには国家試験に合格する必要があります。国家試験は、高校卒業後、養成施設で専門の課程を履修することで受験資格が得られます。

養成施設には文部科学大臣もしくは厚生労働大臣指定の専門学校や短大、四年制大学などがあります。基本的な資格情報は次の通りです。年に1回行われ、筆記試験として一般問題と実地問題があります。

また、視覚障害があり点字試験を受験する者に対しては、筆記試験の実地問題にかえて口述試験及び実技があります。試験地は、筆記試験が北海道・宮城・東京・愛知・大阪・香川・福岡・沖縄。口述試験及び実技試験は東京のみで行われます。

試験科目は、一般問題が解剖学や生理学、運動学、リハビリテーション医学、作業療法など、実地問題が運動学や臨床心理学などです。