難易度が低い資格に挑む

CHALLENGE LOW LEVEL QUALIFICATION

偏差値39以下の資格

偏差値39以下の資格

取りやすい資格「看護師」「情報検索基礎能力試験」「食品衛生責任者」

偏差値38「看護師」の資格情報と取得について

看護師は、医療現場の最前線で医師と共に医療行為が安全に行われるための診療のサポートを行う役割があります。

医療現場に限らずさまざまな分野で活躍が期待されている看護師の資格情報はどのような事があるのでしょうか。

資格取得のためには国家試験に合格する必要があります。そうかと言って、国家試験はいきなりは受けられません。受験資格を取得する必要があり受験資格を得る方法はいくつかあります。

高校を卒業して最低でも3年は専門的に学ばなければなりませんが、看護大学(4年)や看護短大(3年)を卒業するか、看護師学校・養成所を卒業するなどの方法があります。

一般的には3年過程の養成施設に入学する人が多く、養成施設は全国に多数あり、国立や私立、効率などから選べます。

学校では学ぶことも多く勉強が大変ですが、しっかりと知識を身に付けて卒業する事で、国家試験の合格率を上げることが出来るのです。

偏差値37「情報検索基礎能力試験」の資格情報と取得について

情報検索基礎能力試験は一般社団法人情報科学技術協会が主催する試験でいわばサーチャー試験です。資格情報をいくつか述べますと、受験資格にとくに制限はなく試験方法はマークシートです。

あるセミナーを受講した上で受験した人では、合格率は93%を超えており、取得は非常に簡単であるといえます。

AコースとBコースがあり、共通する内容は、

 1) 情報の生産と流通に関する知識、2) 情報の検索と利用に関する知識、3) コンピュータに関する基礎知識、4) インターネットに関する基礎知識、5) 情報社会に関する基礎知識

上記の内容にAコースはさらに情報管理に関する知識とデータベースに関する知識が加わります。Bコースは情報の活用に関する知識とソフトウェアの利用が加わります。

偏差値35「食品衛生責任者」の資格情報と取得について

食品衛生責任者の資格情報を仕入れることによって、さまざまな場面で安心して行動をとることができるといわれています。

最近では、人気のある資格の取得の仕方について、ネット上でたびたび意見のやり取りが行われることがあるため、早期に便利な情報をキャッチすることがコツです。

そして、食品衛生責任者の資格のメリットやデメリットについて迷っていることがある場合には、将来的なリスクを回避するうえで、常に役立つ知識を身に付けることが重要です。

その他、まずは実際に食品衛生責任者の資格を取得した人からアドバイスを受けることによって、多忙な日々を過ごしている人であっても、将来的な不安を解消することが成功のポイントとなります。